パヤパパー!!オンガク(等)ブログ!!!

アラフォー男子inHokkaido。音楽知識は無いけど、大好き!無知ゆえ書けるブログを目指します!あと、音楽以外にも興味のあるものをつらつらと…

ヨルシカ 「思想犯」

相変わらずヨルシカばかり聞いて生きているワタクシ42歳だ。

 

最高だね。何度聞いても最高だよ。

 

ただ、僕の悪い癖で、聞きすぎると突如として飽きるというアーティストバーンアウト症候群(今命名)があるので、多少おびえながら聞きまくっているのだよ。

 

で、そんな中ニューアルバムより「思想犯」が解禁!!!

 

最新の「春ひさぎ」を除けば、ここのところの猫をかぶる関連の楽曲は、ヨルシカ独特のアンダーグラウンドな感じがぐっと抑えられてメジャー感が強い感じがしていた。聞きやすい分、彼らの「刺さる」感じがちょっと抑えられている感じもして、ちょっと残念な部分もあって。

 

(僕にとって、彼らの「アンダーグラウンド」さ、というのは、一般的な意味合いとは少し違うかもしれないのだけど…、彼らの楽曲はとてもメロディが強くて、suisさんの声もとても強い。繊細すぎるほど繊細だけどとても強い。それゆえ、楽曲全体のフォルムがどこか歪で、だからこそ「刺さる」んだと思う。それは、メジャーシーンとは一線を画すものだと僕は思うので、それを「アンダーグラウンド」と表現しました)

 

で、この曲はその歪さが一気に戻っている。春ひさぎもそうだったのだけど、あの曲はそもそも今までの「ヨルシカ」らしさを感じさせない曲だったので、根本的に別という印象。今回の曲はイントロから「来たぜ!ヨルシカだぜ!!」という感じだからこそそう感じるのだろう。

 

が!!が!!!!

 

この曲は明らかに今までと大きく違う。そもそもsuisさんの声がとても低い。春ひさぎも低かったけど、今回は別人じゃないかというくらい低い。この方はどれだけの表現力を持っているのだろうか。僕のsuisさん表現力王楽曲は「憂一乗」なのだけど、それとは全く違う方向の歌声。恐ろしい。本当に希有なボーカリストだと思う。

 

そして、演奏も確かに今までと似た印象はあるけれども、最初っからギターの音が違うし、今までギターを配していたであろう箇所に違う音色が置かれたりしていて、手触りが大きく変わっている。何と言うか、とてもざらっとした手触りで、砂塵のような、煙たい、うさんくさいような世界の空気がとても強く漂っている。気がする!なんせまだ全体像はわからないので…。

 

とにかく、これはもうエイミーとエルマの物語ではないんだろう(どこかでリンクするにせよ)。その世界の全体像を感じるのはもうすぐだ。楽しみー!!

 

 

思想犯

思想犯

  • 発売日: 2020/06/24
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 

 

【Amazon.co.jp限定】盗作(初回限定盤)(特典:缶バッチ付)

【Amazon.co.jp限定】盗作(初回限定盤)(特典:缶バッチ付)

  • アーティスト:ヨルシカ
  • 発売日: 2020/07/29
  • メディア: CD
 

 

MVはまだ見ていないので、後ほど楽しみにみまーす!

 

www.youtube.com